環境活動

エコステージとは

エコステージ

近年、世界的規模で環境マネジメントシステム(以下EMS)への関心が高まり、国際規格であるISO14000をはじめ、様々なEMS規格を取得する企業が増え続けています。日生化工では、ISO14001に即した環境経営を第三者的立場で評価・支援するシステム「エコステージ」を2006年12月に導入致しました。「エコステージ」は、環境経営度を5段階に分け、内部・外部評価を実施し、自社のEMSレベル判定や他社との比較による再認識を実現。自社に求められていることを明確化し、継続的な環境保全活動を支援するものです。

エコステージについての詳細情報は下記のサイトをご参照下さい。
「エコステージ協会公式サイト」

環境方針

基本理念

日生化工株式会社は、納期・品質・コストの三位一体の使命とともに、環境問題も最重要課題のひとつである事を認識し、環境負荷の低減を考慮した事業活動を通じて、「美しい地球環境を次世代に引き継がれる社会を目指す」ことを環境基本理念とします。

基本方針

  • 環境マネジメントシステムを構築し、継続的な改善を図ります。
  • 事業活動に関わる環境関連法令、協定、その他の要求事項を順守します。
  • 環境影響が少なく、顧客のニーズに合った製品を提供できる様、環境に配慮した事業活動を推進することにより、生物多様性の保全と環境汚染の予防を図ります。
    (1)省資源活動の推進
    (2)省エネルギー活動の推進
    (3)廃棄物の減量、及びリサイクルの推進
  • 環境方針は、広く社内及び社外に公表します。
  • リサイクル率100%企業を目標に活動しています。

2012年09月11日
日生化工株式会社
代表取締役会長 友田 力

ペットボトル製造なら日生化工におまかせください!